2010年03月26日

カード番号売買「裏サイト」暗躍 モンベル顧客情報流出(産経新聞)

 企業へのサイバー攻撃で情報流出したクレジットカードが一斉に不正利用されていた。大手アウトドア用品メーカー「モンベル」(大阪市西区)のサイトが不正アクセスを受けた問題。オンラインチケットサービスで勝手に利用された顧客は100人以上に上り、ネット上で個人情報を売買する「裏市場」が絡んだ組織犯罪の可能性も浮上している。拡大する一方のネット通販市場だが、セキュリティーの一層の強化を求める声も出ている。

 今回の情報流出が発覚したきっかけは、モンベルのオンラインショップで買い物をした会員のクレジットカードが真夜中や明け方、ネットを通じて「ローソンチケット」のチケット購入手続きに使われたこと。カード会社が利用時間帯を不審に思い、モンベル側に連絡して明るみに出た。

 「自分の会社のサイトが外部から不正アクセスされるなんて考えたこともなかった」。モンベルの男性社員は、こう打ち明ける。

 情報セキュリティー対策会社「ラック」(東京都港区)によると、モンベルが被害に遭った不正アクセスの手法「SQLインジェクション」は約5年前から増え始め、当初はホームページの改竄(かいざん)など、愉快犯的な側面が強かった。

 しかし、しばらくするとネット通販を行っている企業のサイトから顧客のカード番号や個人情報を流出させたり、仮想通貨を現実の通貨に換えるサービスがあるオンラインゲームのアカウント(ゲームに参加する権利)が盗まれたりする被害が出てきた。

 同社によると、カード番号を転売する際には世界各国から同様の手口で流出したカード番号などを取り扱う「裏市場サイト」が使用されるという。米国国内のサイトが多く、カード番号の販売価格は1枚2〜3ドル程度というが、実態把握は難しく摘発は進んでいないという。

 同社マーケティング部の権平みずえさん(31)は「モンベルのケースでは、カード番号を盗んだ人物がまず裏市場に売りに出し、それを購入した人物がチケットを換金する目的で番号を購入し不正利用した可能性がある」と指摘する。

 加えて、サイトのサーバーに誤作動を起こさせるようなSQLインジェクションの手法を自動で行う攻撃用ツールが開発され、ネット上で配布されており、コンピューターに深い知識がなくても扱えるようになっていることも、被害が止まらない理由とみられる。

 コンピューターウイルスやセキュリティーに関する調査を行っている独立行政法人「情報処理推進機構(IPA)」によると、不正アクセス情報を収集・分析するためIPAが開設しているウェブサイトに昨年1月から今年2月にかけて行われた不正アクセスのうち、約45%がSQLインジェクションだった。

 IPAの担当者は「企業の情報漏洩(ろうえい)は信用失墜や被害弁償などの面でリスクが大きい。定期的にセキュリティー診断を受けるなど、対策を強化してほしい」と呼びかけている。

【関連記事】
不正アクセスでモンベル顧客情報1万人流出、カード被害100人超
電話代行サービスの悪用が横行 「ハードルの低さ」が背景?
通販サイト半数が「情報漏れの危険」
ネット犯罪 1億3000万人分のカード情報盗む
勝手にカードが使われる「クレジットマスター」の恐怖…恋人が禁断の手口に踏み込んだ裏事情

最高裁判事に岡部喜代子氏、歴代4人目の女性(読売新聞)
「徳之島検討指示」報道を否定=鳩山首相(時事通信)
<クロマグロ>「再提案なく承認される」農相が見通し(毎日新聞)
<行方不明>海岸の遺体は長崎・雲仙の18歳女性(毎日新聞)
煙たがられなくなる?無煙たばこ5月発売へ(読売新聞)
posted by オノザワ ナオユキ at 12:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

早大生作家・朝井リョウさん『桐島、部活やめるってよ』(産経新聞)

 ■デビュー作に“共感”広がる

 大学ではダンスサークルに所属しているという。軽く色を抜いて整えた髪に、ラフな服装。田舎の県立高校を舞台にした青春小説「桐島、部活やめるってよ」で第22回小説すばる新人賞(集英社主催)を受賞した早稲田大学3年、朝井リョウさん(21)は「普通の大学生なんです」と人なつっこく笑う。2月に発売した単行本は約1カ月で10万部の発行が決まり、読者の間に共感を広げている。

 男子バレー部主将の桐島が部活を辞めたことをきっかけに、他部の生徒の生活に思わぬ“ずれ”が生じ始める。学校内の階層意識、恋愛、モラトリアムの気ままさと鬱屈(うっくつ)…さまざまな事情を抱えた少年少女5人が、本編には直接登場しない桐島を通じてリンクしていく構成が光る。

 創作を始めたのは6、7歳のとき。中学生になって青春小説を書くようになった。「ミステリー小説も大好きだった。(デビュー作は)青春小説とミステリーが合わさったようなものを意識した」という。

 高校時代はバレー部で活躍した。「とにかく目立ちたがり屋だった」と語るが、「どこかで学校という世界を俯瞰(ふかん)している部分はあったし、小説を書く根暗な部分も持っていた」とも振り返る。作品ではクラスの目立つ男子と地味な男子の対比が象徴的に描かれているが、作者自身の“2つの目線”が反映されているのだろう。

 来年は就職活動を控えている。「このまま書き続けていくと底を尽きてしまう気がする。人と会うことが好きだし、社会に出ていろんなことをインプットしてからアウトプットしたい」と先を見据える。

 単行本発売直後、女子高生の読者から初めてもらったファンレターには、バレンタインデーのチョコレートが添えられていたという。「過去の自分のような人がいて、共感してくれたことがすごくうれしい。(手紙は)一生取っておきたい」と照れくさそうに笑った。(三品貴志)

八ッ場の老舗旅館休業へ、ダム中止表明後初(読売新聞)
元衆院議員、藤沢市長の葉山峻氏が死去(産経新聞)
来週にも谷垣−与謝野会談 邦夫氏は「あわてない、急がない」(産経新聞)
ブログ市長を「専制君主」と痛烈批判 中田氏(産経新聞)
関空出国エリア 改修セレモニー(産経新聞)
posted by オノザワ ナオユキ at 12:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

前方不注意疑い 大学生を逮捕 和泉の衝突巻き添え (産経新聞)

 乗用車同士が衝突し歩道付近の女性が死亡した事故で、前方の注意を怠ったとして、大阪府警和泉署は15日、自動車運転過失傷害容疑で、車を運転していた大学生、疋田勝也容疑者(21)=大阪府泉大津市千原町=を現行犯逮捕した。和泉署は同過失致死傷容疑に切り替えて調べている。

 和泉署によると、14日午後11時半ごろ、大阪府和泉市富秋町の国道26号交差点で疋田容疑者の車が右折しようとしたところ、直進していた大阪市淀川区の男性会社員(23)運転の乗用車と衝突。はずみで会社員の車が道路脇へ突っ込み、歩道付近にいた近くの無職、有木忠夫さん(65)と妻の智津子さん(65)をはねた。

 智津子さんは頭の骨を折るなどして死亡。忠夫さんも一時、意識不明の重体となった。疋田容疑者と会社員も打撲などを負った。

 和泉署によると、有木さん夫婦は、約15メートル先にある泉大津市千原町のファミリーレストラン敷地まではね飛ばされた。会社員の車は、ファミリーレストランの看板を倒すなどし、店舗の手前で停車。疋田容疑者の車は衝突後、回転して道路上で止まった。

【関連記事】
3歳児、バスにひかれ死亡 運転士を逮捕 練馬
車が橋脚に衝突、82歳女性死亡 追突された直後 愛知
声優・横山智佐がバイク事故で全治3週間
車でバイクに接触、春日部共栄高教頭を逮捕
弁護人「緻密さのない判決」 福岡3幼児死亡

多汗症手術後に異常発汗=「説明不足」と提訴−東京地裁(時事通信)
鳩邦、平沼氏と連携も 午後には与謝野氏と協議(産経新聞)
朝鮮学校も無償化対象に=日教組(時事通信)
役員刷新なければ離党も=自民・園田氏(時事通信)
地方公務員の8割超が将来不安=「老後の生活資金」などで−財団調査(時事通信)
posted by オノザワ ナオユキ at 18:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。