2010年04月12日

パワーウインドーご注意 乳児挟まれ小指切断(産経新聞)

 東京都中野区で3月、走行中の車内で乳児がパワーウインドーに小指を挟まれ、切断する重傷を負っていたことが7日、分かった。東京消防庁のまとめによると、都内で子供がパワーウインドーに手や首を挟まれ、救急搬送された事故は平成17年4月から昨年12月までに8件発生しており、同庁は注意を呼びかけている。

 同庁によると、3月22日夜、中野区本町の青梅街道で、走行中の乗用車の後部座席で母親がパワーウインドーを閉めたところ、抱いていた生後11カ月の女児が右手を挟まれ、小指を切断した。

 19年9月には別の女児(1)が右手中指を挟まれ切断。昨年9月には男児(4)が乗用車の後部座席で窓から頭を出していたところ、首を挟まれ重傷を負った。同庁によると、このケースでは男児が誤って操作した可能性もあるという。

 自動車メーカーの業界団体「日本自動車工業会」(港区)によると、運転席には物が挟まると停止する「挟み込み防止機能」が基本的に装備されているが、助手席や後部座席にはない場合が多いという。

 同庁などは「子供の指は細く柔らかいので防止装置が働かない場合もある。運転席などにある集中ロック機能を使うなどして、開閉には気をつけてほしい」としている。

自民「離党ドミノ」警戒、党融解も現実味?(読売新聞)
足利事件 警察庁・最高検が総括 「DNA型鑑定 過大評価」(産経新聞)
<毒ぶどう酒事件>惨劇の公民館すでに撤去(毎日新聞)
「彼女を迎えに」ひき逃げ容疑で24歳逮捕(読売新聞)
職場がん検診「受けたい」97%=実施2割、情報不足も−官民プロジェクト調査(時事通信)
posted by オノザワ ナオユキ at 14:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。